Garden for Cicada / セミの来る庭

 

このページのキーワード: エコガーデン, 
デザイン, エコガーデニング, 野生生物, セミ, 植栽計画

 あなたはセミの羽化を見たことがありますか。 ゆっくりとした動作で殻を破って現れる成虫は、きちんと折り込まれていた翅をそっと静かに広げてゆき、次第に成虫の形になってゆきます。

 羽化のドラマは、見る人に大きな感動と興奮呼び起こします。 殊に展ばし終えた直後の少し青味を帯びた緑色の透き通った翅は、まるで天女の羽衣のようで、神秘的でさえあります。 



 地中で数年間も過ごし、地上ではわずか数日間でその生命を全うするセミですが、近年その種類や個体数に変化が見られます。 天候不順や環境の変化がその原因と考えられていますが、人間の活動が大きな影響を与えていることは否めません。

 セミのためにかれらのの好むバラ科やニレ科の高木を植えましょう。 都市型のミンミンゼミやアブラゼミ、クマゼミなどはサクラなどバラ科の樹木を好みますが、できれば園芸種のソメイヨシノでなく自生種のヤマザクラを植えましょう。

 ヤマザクラの樹の花には蜜も実もつきますからメジロ、ヤマガラ、イカル、オナガなどの野鳥もやってきます。
 そしてサクラにつきものの毛虫もその多くを鳥たちがエサとして食べてくれますから、毛虫を心配する必要がありません。 

 セミの幼虫のために、もちろん地面はコンクリ−トで固めてはいけません。 黒いやわらかい土で覆われていることが必要です。

 

 

ニイニイゼミ

アブラゼミ

 ページのトップへ戻る。


次は秋の虫の音を楽しむ庭づくりの情報です。

                                               次ページへ進む Design Tips  / デザインのヒント - Garden for Cricket / コオロギの来る庭


■当サイトの掲載情報は可能な限り正確を期していますが、その内容を100%保証するものではありません。 掲載情報の利用にあたって  は、専門家の助言や他の情報源による確認をとってから自己責任で実施してください。掲載内容の無断転載および加工使用を禁じます。

Copyright © 2003-2004   Eco-Gardening Society / エコガーデニング協会   All Rights Reserved.