Pet Control / ペットの管理

 

このページのキーワード: エコガーデニング, 
エコガーデンの維持管理, ペット, 野生生物, 自生植物

 可愛いペットは、人間の良きパートナーですが、野生生物に対して問題を起こすことがあります。

 あなたがペットに注ぐ愛情を地域の野生生物にもぜひ注いでください。


ペットの害

 ペット動物が他の野生生物に及ぼす害としては、たとえば猫は多くの野鳥やトカゲ、カエル、昆虫を殺すことがありますし、犬はトカゲ、ヘビを殺すことがあります。

 もし犬を放し飼いにすると、自生植物、特にユリやランなどの小型の植物にダメージを与えます。

 犬は歩き回っているだけでも、野生生物を痛めつけ、雑草の種を持ち込み、排泄物は、自生植物が耐えられないほど土壌の栄養レベルを高めてしまうことがあります。

正しいペットの管理

 ペット管理はさほど難しくはありません。 次のようなことに注意すればよいのです。

 庭でのペットの放し飼いを止めます。
 ペットは夜間は屋内へ入れます。
 リード(引き紐)をつないで散歩させます。
 自生種の生育しているエリアでの散歩を避けます。
 あなたのペットの糞をきちんと処理します。

ページのトップへ戻る。


次は『エコガーデニング』の考え方を支持してくださる人たちのページです。 

次のページへ進む。 Network / ネットワーク


■当サイトの掲載情報は可能な限り正確を期していますが、その内容を100%保証するものではありません。 掲載情報の利用にあたって  は、専門家の助言や他の情報源による確認をとってから自己責任で実施してください。掲載内容の無断転載および加工使用を禁じます。

Copyright © 2003-2004   Eco-Gardening Society / エコガーデニング協会   All Rights Reserved.