Garden for Butterfly / 蝶の来る庭

このページのキーワード:
エコガーデニング, エコガーデン, デザイン, 蝶と食草

 蝶を呼ぶためには、幼虫および成虫の餌になる植物(食草)を用意することが必要です。 

 蝶の翅は大変脆いので、込み合った枝や茂みの少ない、どちらかというと開けた環境を好みます。 草原や林縁、樹林の小道沿いで良く見かけることが多いのははそのためです。  また樹林や草地は植物の種類が多く、多層構造になっている環境を好みます。 

 農薬が使用されていないことが必要なのはいうまでもありません。

蝶と食草

  蝶の幼虫は種によってほぼ決まった植物の葉を餌にしますから、蝶にあわせてその地域の自生植物を植えましょう。また多くの成虫の蝶に利用してもらうためには、できるだけ長い期間にわたって、かれらの密源となる植物の花が次々と咲くように、開花時期を考えて植物を組み合わせましょう。

 成虫の蝶の餌は花の蜜のほかには、樹液、果実の発酵したもの、動物の排泄物などです。 秋口にはよく熟したカキなどを容器に入れたり枝に刺したりしておくと、タテハチョウやヒカゲチョウの仲間がやってきます。

 アゲハチョウやシロチョウの仲間は、夏場に湿った土の表面で水を飲むので、そのような環境を用意してやることもよいでしょう。

 バタフライガーデン用の植物として、よく移入種のブッドレアが利用されますが、ハギの仲間やコマツナギ(最近法面緑化に中国産のコマツナギが使用され、日本本来の個体群に対し遺伝子撹乱を引き起こす問題が生じています。 同種であっても外国産などの植栽は避 けてください。)、サンショウなどのミカン科の自生種植物を植えると多くの蝶が呼べますので、できるかぎり自生種を植えましょう。

 当サイトでは、主な蝶とその食草のデータベースを用意しました。 植栽計画の参考にご利用ください。

蝶と食草データベース

注)データベース・ファイル読み込み時にパスワード入力を要求するダイヤログボックスが表示された場合にはキャンセル・ボタンをクリックして進んでください。

 

樹林性蝶類と草地性蝶類

 蝶はその種類によって、生息環境が異なります。 たとえ特定の蝶の食草を植えても、その庭の周辺にかれらの生息環境がなければ、蝶はやって来るチャンスは少なくなりますので、植栽計画時にはその点も考慮しましょう。

樹林性蝶類の例 草地性蝶類の例
アオスジアゲハ
オオムラサキ
ゴマダラチョウ
スジグロシロチョウ
ダイミョウセセリ
ルリシジミ
ルリタテハ
キアゲハ
ギンイチモンジセセリ
ツマキチョウ
ジャノメチョウ
ベニシジミ
モンシロチョウ
ヤマトシジミ

       ページのトップへ戻る。


次はカエルやトンボがやってくる庭づくりのための情報です。

次ページへ進む Design Tips  / デザインのヒント - Garden for Frog & Dragonfly / カエルやトンボの来る庭


■当サイトの掲載情報は可能な限り正確を期していますが、その内容を100%保証するものではありません。 掲載情報の利用にあたっては、専門家の助言や他の情報源による確認をとってから自己責任で実施してください。掲載内容の無断転載および加工使用を禁じます。

Copyright © 2003-2004   Eco-Gardening Society / エコガーデニング協会     All Rights Reserved.